TOP  > 電気自転車のギア構造の種類と特徴

変速ギアの種類と特長

電動自転車には変速機が取り付けられていますが、大きく分けて
内装変速
外装変速
の2種類あります。
それぞれ内部構造の違いにより癖があり、乗り方にも影響してくるので自分の使い方に合った変速ギアを選びましょう。

内装変速

写真のように、ギアが一つしかない自転車で、変速機能が付いているタイプは”内装変速”です。
ギヤはハブ内部にある遊星歯車をかみ合わせてギアを変えています。
ギヤ構造がハブ内部に密閉されているため、耐久性が高く、壊れにくいのが特徴(メンテナンスフリー)。
信号待ちなどで、停止中にもギヤを変えられるので、頻繁に停車する事の多い街中向きのギア構造です。

走行中にもギヤを変更できますが、ギアチェンジの際、うまくギアが噛み合わない事があり、ギヤへが摩耗してしまうのでお勧めしません。いったん漕ぐのを止め、ギヤを変えてから漕ぐ方が望まれます。

デメリットは、変速ユニットが重く走行時の駆動ロス(エネルギー効率が悪い)が大きい事です。
ただし、このようなデメリットは、電動アシストによって相殺されるため、運転中にこのようなデメリットを自覚する事はありません。


停車中に変速できる点と、メンテナンスの必要が無いメリットを享受する方が大きいと言えるでしょう。




外装変速

後輪にいくつものギヤがあり、チェーンを掛け替えて変速する構造を外装変速と言います。
外装変速のメリットは、自転車をこぎながらの変速が可能で、加速のペースを落とさず、スムーズに変速を行える点です。

また、内装変速と違い、ギヤがシンプルで、駆動ロスが少なく、しかも軽量なため、スポーツ系の自転車にこのんで用いられます。

デメリットは、停車中にギヤチェンジできない事が一番のネックで、信号待ちの多い街中の運転には不向きです。
しかも、ギヤが露出しているため、服が汚れやすく、定期的な部品交換が必要です。

基本的にレース用に考案されたギヤ方式なので、街中で乗ると言うよりは趣味で自転車に乗る人向けと言えそうです。




内装変速か、外装変速か?

街中で電動自転車を乗る事を想定した場合、内装変速ギヤの方が便利に使えると思います。
モーターのアシストがあれば、ギヤの重量増と駆動ロスを吸収してくれるので、電動自転車との相性は外装変速より優れています。

外装変速は、こぎながらスムーズに変速出来、駆動ロスも小さい為、エネルギー効率が良いのでバッテリーの走行距離がわずかながら向上すると思われます。
普段の平地は人力で走り、加速中や坂道をアシストに頼ると言った使い分けをする事で、大幅に航続距離を延ばす事も可能。

メンテナンスが欠かせない一方、機械いじりが好きな方にはたまらない一台となるでしょう。