TOP  > 電気自転車の走行距離基準

走行距離基準

電動自転車にはどの製品も走行距離の表示がされています。この表示は電動自転車業界で統一された測定方法に基づいているので製品どおしを比較するのに大変役にたちます。
たとえば、私の使っているヤマハ PAS Brace-L は走行距離46kmとなっていて、一回の充電でアシストしながら走る事が出来る距離の目安になっています。
当然、バッテリーが切れても通常の自転車として走行出来るので、あくまでアシストする距離と考えてください。

この走行距離表示は2010年に基準が変更されているので、それまでの旧表示基準と区別して製品を見る必要があります。

ここでは、表示基準とはどのような測定方法で測っているのか?表示基準の変更で何が変わったのか?表示基準と実際に走る距離に違いは出るのかそれぞれ説明してきます。

走行距離表示基準の測定法

表示基準の測定方法を新旧の違いとともに説明します。

旧測定方法

新測定方法

  • 車載重量60kg
  • 平坦路3km
  • 2度の登り1km
  • 2度の下り1km
  • 連続走行
  • アシスト力に関する項目なし




  • 車載重量65kg
  • 平坦2km
  • 4度の登り1km
  • 4度の下り1km
  • 1km毎に一時停止
  • 最もアシスト力を強くして測定




新しい測定方法は坂道が急になり、平坦路が減少、各ポイントで一時停止など、かなり厳しい条件で測定されるようになりました。
この測定方法の変更により、同じ製品でも走行距離が約4割程度に減少すると言う結果になっています。
その反面、より実用的な走行距離となり、実際に使用した時の走行距離と近い結果が得られるようになっています。

電動自転車を購入する時は、従来基準の測定なのか、新基準での測定なのかをはっきりと確認する必要があります。



実際の走行可能距離

新しい測定基準により、公道での航続距離に近い数値になっているとは言え、坂が多い土地だったり、自転車に乗る人の体格により、航続距離は大きく変わってきます。

測定基準は坂道の勾配が4度で、65kgの人が乗った場合を想定しています。
坂道の勾配がきつかったり、坂道を永遠と登るような道のり、65kgより大幅に体重の重たい方が乗ると航続距離は激減します。

例えな、パナソニックのチタンライトEB の場合坂道により大幅に航続距離が減少しています。

 

航続距離

割合

メーカー公表値

25km

100%

勾配4度の連続運転

9km

36%

※チタンライトEB取扱説明書より

この様に、メーカー公表値が25kmと表記されていても、坂道が連続している土地では9kmしか走る事が出来ず、大幅に航続距離が減少してしまいます。

さらに自転車に乗る人の体重や、荷物の関係で航続距離が減少してしまいます。
例えば、積載重量が10kg増えるたびに走行距離は10%減少してしまうと言われています。
逆に体重が軽い方は航続距離が延びるので乗せる荷物や体重を考慮し、余裕を持った製品を選ぶようにしましょう。