TOP  > 電動自転車(電動アシスト自転車)とは?

電気の力で楽に走れる自転車

電動自転車(電動アシスト自転車)は電気の力でモーターを回し、べダルをこぐ力をアシストしてくれる自転車の事です。

電池とモーターが内蔵され、ペダルが軽くなるよう補助してくれますが、外見は普通の自転車とほとんど同じで、仮にバッテリーが切れても通常の自転車として乗る事が出来ます。

モーターの力は常に働いている訳ではなく、人がべダルを踏む力を検知し、力の大きさに応じてモーターのアシスト力も大きくなります。

ですから、乗り心地としては下り坂や、強い追い風を受けるようなイメージです。ペダルをこぐのをやめればモーターは自動で停止するのでいつまでも自転車が止まらない事はありませんし、自分の意図せず急発進する事はないので安全です。

また、べダルのこぐ力が弱く、ふらついてしまうお年寄りの方でも安全に走行する事が可能。販売当初は高価だった電動アシスト自転車ですが、最近のモデルはほとんど10万円以下で購入可能。
ガソリンの高騰で自動車の維持費もばかになりません。是非、電気自転車でエコな省エネ生活を始めてみてはいかがでしょうか?

ちなみに完全にモーターだけで走る機能が付いた「自走可能電動自転車 」も販売されていますが、公道で自走させる事は禁止されています。
公道で自走するにはバイクと同じようにナンバーを付けて免許が無ければいけません。